みんなはどうしている?布団の干し方と頻度

外に干さなくても大丈夫?布団の干し方を徹底解説

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

効果的な外干しの仕方とその頻度について考える

夏は日光がよく出ているからここぞとばかりに外干ししていませんか? 実はそれ、あまりお勧めできないことなのです。夏の日差しは強すぎるので、実は天日干しには向いていないとされています。 冬はどうかと言われると、夏よりかは天日干しに適しているといえます。

外干ししなくてもカビやダニ対策は出来る

布団干しといえば外干し、のようなイメージがありますが、実は室内干しでも十分に効果があることはご存知でしょうか。 カビやダニの第一の原因は、湿気です。雨が降っていたり曇ってて外に出せない時でも室内用の布団干しを使って干せば十分に湿気はとれます。便利な機械もあるので活用してみましょう。

たかが湿気と侮るなかれ

湿気が体調不良を引き起こす可能性がある、ということはご存知でしょうか。 部屋の中にこもった空気はしっかり換気をして外に出しましょう。寒いからと言って一日中閉め切った部屋の中にいては体調も崩しやすくなります。悪い空気は外に追い出して、風邪と無縁の生活を送りましょう。

夏と冬とでは干し方も干す時間帯も注意が必要

布団を天日干しするのに適した時間帯は、11時頃から17時の間と言われています。
この時間帯が一番湿気が少なく布団を乾かしやすいからです。いうまでもなく天日干しの目的は布団を乾燥させることですから、湿気が出てくる夕方以降や朝方は天日干しには適していません。ただ、一説には前日夜から当日の夜19時頃まで干しておくと、布団の温度が上がり湿気が下がったため布団のふっくら度が増したということも言われています。とはいえ、夜じゅう外干しするのは抵抗があるのであまりお勧めは出来ません。夜中に突然雨が降ることもあるので、やはり外干しは晴れている昼間の時間帯がベストだと思います。
そして干す頻度はというと、毎日干した方が良い気もしますが1週間に1度で充分だそうです。あまり日の光にあてすぎても布団にダメージを与えてしまいます。干す時間も太陽が出ている時間目一杯干すのではなく、片面1~2時間程度で干すのがベストです。出来れば表裏両方干してあげたいところですが、時間がなければ片面だけでも十分なので、あまり気負わず気楽に干してもらえると良いと思います。
基本的に外干しは、陽が出ている時間に短時間で両面干しを心がければ大体問題ありません。難しく考えず、晴れた日は外に布団を干そう、くらいの軽い気持ちでやると良いのではないでしょうか。布団を干したら寝汗も乾き、ダニの発生を防ぐことが出来ます。何より太陽の良いにおいに包まれて寝られたら最高だとは思いませんか。良質の睡眠を得るためにも、是非外干しをしてみてください。