みんなはどうしている?布団の干し方と頻度

外に干さなくても大丈夫?布団の干し方を徹底解説

効果的な外干しの仕方とその頻度について考える

雨が降った翌日は天日干しを避ける?

雨の日の翌日は布団の天日干しは避けた方が良い、という話は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしこの説、一概にそうとも言い切れないところがあるようです。というのも、昔の家は土の地面の庭に布団を干すことが多く、地面がまだ湿気を吸っていたためにそういわれていたそうなのです。昔の人は朝も早かったですから、布団を干す時間も早かったのではないでしょうか。
この理屈なら、程よく湿気もとんだ10時頃なら問題なさそうですね。一軒家の方やマンションなどの一階に住んでいる方はお昼ごろから干せば大丈夫だと思います。せっかく晴れているのに布団を干さないなんて勿体ないです。雨続きでも晴れ間を上手く利用して外干ししていくと快適な睡眠を得られると思いますので、晴れている日は外干しをしてみましょう。

夏場と冬場で気を付けるべき点

夏場と冬場で気を付ける点は、外干しをする時間です。
夏場は日差しも強いので布団干し日よりかと思いがちですが、あまり強い日差しはかえって布団の中の生地を傷めてしまいます。夏場はせいぜい2時間ほどに留めておいた方が良いでしょう。表1時間、裏2時間という風にしてみてください。
冬場は空気も乾燥していて日差しもそんなに強くないので、実は布団を干す絶好の季節です。昼間の時間帯で4時間ほど干しておいても問題ありません。冬でも寝汗はかきますし、結露などで湿気を吸い込みやすいので、なるべくこまめに布団を干されることをお勧めします。
春先は花粉の季節なので花粉症の方は外干しは避けた方が賢明です。花粉に反応しない人でも外には花粉が大量に舞っているので、取り込む前に必ず花粉を払いましょう。上から下へなでるように優しく払うのがポイントです。